iPad mini2 フロントパネル 液晶交換

娘のiPadのフロントパネルが割れました。

フロントパネルを交換したら、うっかり液晶を割ってしまい…

割れてても操作できた方がマシと怒られ…

仕方ないので、液晶を注文して交換。

Amazonで注文したら、中国から国際郵便で送られてきました。

工具もついてきました。

早速修理に取りかかります。

フロントパネルは両面テープで固定してあるので、ドライヤーなどで温めて吸盤を使い本体との間に隙間を作り、そこにピックなどを入れて少しずつ剥がしていきます。

前回フロントパネルを交換して液晶割れに気付き、しっかり固定していなかった為簡単に外れました。

右下(写真では右上)にケーブルがあり、本体と繋がっているので切断しないように注意します。

次に液晶を外します。

ネジが4箇所ありますが、1箇所だけ長さが違うので確認しながら外します。

液晶も両面テープで固定されているのでヘラ等を使って慎重に外していきます。

液晶もケーブルで繋がれているので注意しながら裏返しにします。

次に、この銀色の板を外します。

ネジで固定されているだけです。

バッテリー見参。

写真右上にケーブルが繋がっている場所があるので、その部分のネジを外します。

1箇所長さが違うので注意してください。

上が液晶、下がフロントパネルです。

外して、新しい物と交換します。

後は元通りに組んで完成。

バッチリです!

防具染め直し

子供が借りていた剣道の防具を染め直しました。

染め直しと言うか塗り直しですね。

かなり色褪せてます。

使ったのはこちら。

染丸。

馴染みの武道具屋さんは下の「彩」を使っていると言っていました。

私は染丸の方が濃いので好きです。

彩も使ったことありますが、塗っては乾かし、塗っては乾かし、重ね塗りすればきれいに染まります。

面金の補修にはカシューを使います。

武道具屋さんも補修にはカシューを使ってるそうです。

まず赤から。

十分に乾かして黒を塗ります。

ちゃんとした写真を撮っていなかったのですが、きれいになりました。

カシューは強烈なニオイがするので、塗る場所、乾燥させる場所は屋外の方がいいかもしれません。

私はこのニオイ好きなんですけどね。

プロテインスキマー 自作

これも以前作ったものになるので、また写真が少ないのですが…

海水水槽にプロテインスキマーを自作して取り付けました。

ウッドストーンはこれを使いました。

アクリルパイプの大と小の接続は余っていたホースを使いました。

ウッドストーンを付けたところは100均のボトルをカットしてアクリルパイプに取り付けました。

ここに汚れが溜まります。

ダブルサイフォン式 オーバーフロー水槽 その2

前回の続きです。

今回は配管。

見えない部分は塩ビパイプを使い、見える部分はアクリルパイプを使います。

アクリルパイプは塩を詰めてコンロで熱して曲げました。

これはアクリル板をひたすら削って丸くしたもの。

太いアクリルパイプと細いアクリルパイプの接続に使います。

汚いですが適当に濾材を詰めたところ。

以前使ってた濾材を放り込みました。

ちゃんと稼働してくれました。

ダブルサイフォン式 オーバーフロー水槽 その1

以前作ったダブルサイフォン式オーバーフロー水槽の紹介です。

30cmキューブ水槽が余っていたので、濾過水槽として使うことにしました。

アクリル板を水槽に合うようカットしてマスキングして、バスコークで固定。

イマイチですが、細かいことに拘っていたら先に進まないのでこれで良しとしました。

水を入れて一晩放置。

水漏れの確認と、アク抜きを兼ねてます。

大丈夫そうです。

次にサブ濾過装置の作成。

アクリル板をカットして、アクリル用接着剤で固定します。

 

 

 

 

写真をまた撮り忘れてますが、出来上がったものはこんな感じ。

濾過水槽の上に置くとこうなります。

100均で買ってきた水切りの様なものをカットして置いてみました。

あとは濾材とポンプを入れれば、ここは完成です。

ダブルサイフォンはまた後日!

水槽台 2

圧迫感のあった壁面収納を分解して、水槽を置ける台を作った時のこと。

以前は90cmの水槽で海水魚を飼っていました。

オーバーフロー水槽にして、棚に組み込めたらいいなぁと考え、作ったのがこちら。

前回のIKEAのベストーシリーズをカットして作りました。

中はこんな風になっています。

地震が来て、水槽の水が溢れテレビやホームシアターセットが壊れたり、地震で水量が減り水質が悪化して魚が死んでしまったりで魚を飼うのをやめましたが、また機会があれば飼いたいです。

壁面収納

以前住んでいたマンションの壁面収納です。

IKEAのベストーというシリーズのものです。

車に載せるのに一苦労…

降ろして運び入れるのも大変でした。

早速組み立てていきます。

置いてみる。

テレビボードも組み立て。

ここで1日目終了。

真ん中の上の部分乗っけるのだけ相方に手伝ってもらいましたが、後は黙々と一人でしたので、かなり疲れました。

このまま2日目、続けていきます。

棚板を入れました。

扉を付けます。

ちょっとコードが前面に出てますが、一応こんな感じで完成しました。

防具飾り台

またまた剣道絡みです。

以前作ったものなので写真が殆どないのですが…

防具の飾り台を作りました。

材料は桧。

釘を使わない「相欠き継ぎ」で作ってみました。

ノコギリで縦に切れ込みを入れ、ノミで削る…

その繰り返しです。

甲手のところはダボで固定したかったのですが、面倒になってボンドで固定。

でも釘で留めてないので、ここまでバラバラにできます。

組んだところ。

防具を飾った写真がないのですが、今この飾り台は某武道具屋さんに置かれています。

 

材料費は1500円くらいでした。

また作ってみようかな。

竹刀立て

竹刀立て竹刀の置き場所悩みますよね。

その辺に立て掛けて置いていたんですが、見映えも悪いので竹刀立てを作ることにしました。

今回も写真が少なくて申し訳ないのですが…

なんとなく色塗りがめんどくさかったので、ホームセンター等に売ってある「焼き桐」を買ってきました。

殆どデフォルトのサイズで使用しますが、数ヶ所カットします。

後はボンドと釘を使って固定。

裏にゴムマットを貼ったら完成です。

我が家は玄関に置いています。

本当は防具を置く場所も作りたいけど、家が狭いので我慢です…

トイレのリメイク タンクレス風

引っ越して、今仮の住まいに住んでいます。

数年先まで近所の公共工事が掛かりそうなので、それが終わってから家を建てようかと思っているので、しばらくは古い家に住んでます。

まずはトイレのリメイク。

便器は勝手に流れる最新式のようですが、それ以外は古臭い感じです。

床がタイル、壁の下半分もタイル、上半分が土ではなく、紙のような…とにかく古臭いので、床はクッションフロアを貼り、壁にはリメイクシートを貼って、さらにはタンクレス風にしていこうと思います。

タイルに直接貼ると凸凹になりそうですし、上半分は貼れなさそうなので、プラダンに貼り、それを両面テープで固定しました。

プラダンは1800×900くらいで200円くらいでした。

クッションフロアは一旦新聞紙などで型を取ると良いそうです。

私は面倒臭がりなので、後ろから便器まで切れ込みを入れ、だいたいの形を切り抜き、直接合わせていきました。

壁と床が終わったら、1×1でタンク周りの骨組みを作っていきます。

上の部分は一旦持ち上げて外して型を取り、ベニヤをカッターで切っていきました。

少し小さめにカットし、タンクと上部分で挟み込んでいます.

 

サイズがあっていれば、ベニヤにもリメイクシートを貼っていきます。

ここで、コンセント部分が板と被ることが判明してカット!

ちょっと間抜けになったけど、後で何かで隠そうと思います。

上の天板になる部分は厚みがあるように見せたかったので、手前に100均で買った木材を付けました。

天板部分にもリメイクシートを貼ります。

天板部分をはめ込んで、100均の木材にリメイクシートを貼った巾木を貼り付けて、タオルハンガーやら緑を適当に配置したら完成。

最初と比較

随分雰囲気が変わったと思います。

ちょっと雑だけど、家族も喜んでくれたし、今までトイレットペーパーも突っ張り棚に置いていて取るのが不便だったのも解消されて良かったです。