剣道打ち込み台 その4

続きです。

今度は単管パイプと固定ベースの固定です。

単管パイプと固定ベースを重ねて、5mmのドリルで一気に穴を開けます。

私は下から5cmのところに開けています。

注油を忘れずに。

 

穴を開けたら面取りをして、ネジ切りをします。

ネジ切りが終わったらM6のなべ皿ネジで固定します。

同じように下や横も穴を開けて固定します。

単管パイプの反対側も4箇所固定します。

支柱が完成したら、土台と固定ベースをM10×40のボルトで固定します。

ボルト、固定ベース、タイヤ、ワッシャー、バネワッシャー、ボルトの順番です。

手締めをした後、スパナとエクステンションバー付きラチェットレンチを使って本締めをします。

上部分にはM10×30のボルトを使って打ち込み用タイヤを固定します。

完成です!

最後にシリコンスプレーでタイヤを磨くときれいになります。

慣れれば1時間ちょっとでできますが、作るのが面倒だとか、1から道具を揃えると高くついてしまう、と言う方は某フリマサイトに出品していますので、ご検討下さい(笑)



たまに某オークションサイトにも出品しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください