竹刀袋

竹刀袋を作ってみました。

用意したものは黒の帆布とナイロン裏地と端革と背負い紐、背負い紐用の金具等々。

仕上がりイメージ。

まず、背負い紐と竹刀袋を留めるための紐を作りました。

下の革の部分は、合革にするか本革にするか悩みましたが、やはり本革が良さそう。

合革はテカリがすごい。

合革はミシンで縫い付けます。

上を縛る紐を縫い付けます。

その後、裏地を付けてミシンで一気に袋縫い。

竹刀を出し入れする場所のみ開けておきます。

竹刀を出し入れする場所から裏返しにして、出し入れ口を折り込んで縫い、後ろに背負い紐を取り付ける金具を革で留め、ワッペンを付けたら完成。

竹刀はここから出し入れします。

こんな風に縫ってます。

竹刀入れでも作ろうかなーとの気持ちで作り始めましたが、よく考えたら竹刀袋は持っているので、途中で木刀入れにしました(笑)

この竹刀袋は今使っている寳船の竹刀袋を参考に作ってみました。

この後同じように子供の竹刀袋も作ってみましたが、かなり好評でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください