リアルタイムGPS!

ちょっと気になることがあり、リアルタイムGPSを探してました。

でも高い!

買うのも高いし、レンタルも高い。

 

そこで、昔のスマホを再利用することにしました。

ちなみに、使わなくなったスマホでも、GPSロガーとしては使えます。

リアルタイムGPSにするには、別途SIMを購入しなければなりません。

私はリアルタイムGPSにするために、LINEモバイルのSIMを買いましたが、なんと月々500円!

私はdocomoのXPERIAを使っていたのですが、LINEモバイルはdocomoの回線を使用しているためか、SIMロック解除は必要ありませんでした。

探偵用のGPSに比べると精度は落ちるかもしれませんが(探偵用のが良いのかどうかもわかりませんが)、かなり安く使えるのでオススメです。

 

さて、本題に入ります。

自分はGoogleアカウントを持っていると言う前提で。

持ってない人はスマホかパソコンからGoogleアカウントを取得してください。

次にGPSとして使う古いスマホで新規にGoogleアカウントを取り、Googleマップをダウンロードします。

ここまでで、GPSロガーとしては使えます。

GPSロガーは、リアルタイムでは見れないけれども、Wi-Fiなどに繋がったときなどにデータを取得することができるものです。

今どこにいる、と言うのはわかりませんが、よく立ち寄っている場所などを調べたいときには役に立ちます。

 

ここから先はリアルタイムGPSについて使用する場合の説明です。

Googleマップの左上にある「三」みたいなのをタップ、現在地を共有し、自分のGoogleアカウントを入れます。

次に右上の+と人マークをタップ。

無効にするまでを選択し、ユーザーを追加で自分のGoogleアカウントを入力します。

 

そして問題のSIM。

私は先述の通り、LINEモバイルを使用しました。

詳しくはLINEモバイルで。

私はデータのみの500円プラン。

私のXPERIAはnanoSIMだったので、nanoSIMを購入。

2日後に届きました!

SnanoIMカードはもう外してますが。

docomoの携帯なら上記を入力するだけですぐ使えます。

 

ただネックなのが、電池の持ち。

ただでさえ古いスマホなので、ちょくちょく充電しないといけないのではないかと思い、安いスマホを探してみました。

見つけたのがこれ。

DOOGEE X10。

2018年6月25日現在で5499円と言う格安スマホ。

デカイ。重い。

ただバッテリーの容量が大きく、待受だけなら144時間、6日持つそうです。

バッテリーの上にある絶縁シールを外して起動します。

なんとデュアルSIMです。

SIMのサイズはmicroSIM。

標準SIMとnanoSIMの間のSIMカードになります。

LINEモバイルのSIMは契約者が同じで2つめ以降のSIMは事務手数料無料らしいです。

早速2つ目を頼みました。

まだ到着待ちです。

 

この格安スマホ、GPSとして使うには問題なさそうですが、とにかく遅い…

これを使ったGPS機能やネットワーク環境(3Gらしい)も含め、またレポートします!

 

ちなみにXPERIAの方は順調に稼働しております。

子供のランドセルに突っ込んでいましたが、色々調べていると浮気調査に使われていることもわかり、試しにスマホと磁石を黒のビニールテープでぐるぐる巻きにして相方の車の下に取り付けてみましたが、バッチリでした(笑)

ただ一つ、配偶者などの家族の車などにつけるのは「車は夫婦の共有財産」と言うことで問題になりませんが、付き合ってる、と言うレベルの「他人」の車などにつけるのは犯罪になりますのでご注意下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください