居合刀の分解

居合刀の分解方法です。

私の居合刀は濃州堂さんの中伝、通称「五十嵐刀」です。

今日はこれを分解していきます。

※分解することにより破損する恐れもありますので、自己責任でお願いします。

目釘は破損する可能性が高いので、予備を用意しておいた方がいいです。

竹刀を削ったものでもいいですし、菜箸を削ったものでもいいです。
私は100均で買った菜箸を使っています(笑)

まず目釘を探します。
片方は見えるところにあると思いますが、反対側は柄巻に隠れています。

柄巻に隠れている方から目釘抜きで押し、上からゴムハンマーな等で叩いて出して行きます。

刀を太腿の上などに載せて叩いていきます。
床の上などですると、刀が曲がるかもしれません。

私の目釘抜き「御目釘抜」。

…が、まだ分解したことがない居合刀の目釘はかなりキツく入っているため、目釘抜きが目釘にめり込んでしまうと思います。

諦めて目釘を新しいのに換えるか、割り箸を目釘より少し小さめに加工して上から叩くかして、目釘を取り出します。

私は一度分解したことがあるので、すぐ取れました。

次に刀を鞘から抜き、鍔を刃の方に向かって、ゴムハンマーで少しずつ叩いていきます。

一ヶ所を叩くのでなく、満遍なく均等に、軽く叩いていきます。

ここまで来たら、あとはばらしていくだけ。

刀身、柄、鍔、切羽(2枚)、ハバキ、目釘、鞘。

これが私の刀を構成しているパーツです。

切羽は同じようで、少し大きさが違います。

大きい方が柄側、小さい方がハバキの方です。

組戻す時は分解と逆にやっていけば大丈夫です。

柄が刀身にはまってないときは切羽などがカチャカチャ言いますので、縁金側をゴムハンマー等で叩いてはめ込んでいきます。

最後に目釘を挿すのを忘れないように。

以上です。

お疲れ様でした。

iPad mini2 フロントパネル 液晶交換

娘のiPadのフロントパネルが割れました。

フロントパネルを交換したら、うっかり液晶を割ってしまい…

割れてても操作できた方がマシと怒られ…

仕方ないので、液晶を注文して交換。

Amazonで注文したら、中国から国際郵便で送られてきました。

工具もついてきました。

早速修理に取りかかります。

フロントパネルは両面テープで固定してあるので、ドライヤーなどで温めて吸盤を使い本体との間に隙間を作り、そこにピックなどを入れて少しずつ剥がしていきます。

前回フロントパネルを交換して液晶割れに気付き、しっかり固定していなかった為簡単に外れました。

右下(写真では右上)にケーブルがあり、本体と繋がっているので切断しないように注意します。

次に液晶を外します。

ネジが4箇所ありますが、1箇所だけ長さが違うので確認しながら外します。

液晶も両面テープで固定されているのでヘラ等を使って慎重に外していきます。

液晶もケーブルで繋がれているので注意しながら裏返しにします。

次に、この銀色の板を外します。

ネジで固定されているだけです。

バッテリー見参。

写真右上にケーブルが繋がっている場所があるので、その部分のネジを外します。

1箇所長さが違うので注意してください。

上が液晶、下がフロントパネルです。

外して、新しい物と交換します。

後は元通りに組んで完成。

バッチリです!

防具染め直し

子供が借りていた剣道の防具を染め直しました。

染め直しと言うか塗り直しですね。

かなり色褪せてます。

使ったのはこちら。

染丸。

馴染みの武道具屋さんは下の「彩」を使っていると言っていました。

私は染丸の方が濃いので好きです。

彩も使ったことありますが、塗っては乾かし、塗っては乾かし、重ね塗りすればきれいに染まります。

面金の補修にはカシューを使います。

武道具屋さんも補修にはカシューを使ってるそうです。

まず赤から。

十分に乾かして黒を塗ります。

ちゃんとした写真を撮っていなかったのですが、きれいになりました。

カシューは強烈なニオイがするので、塗る場所、乾燥させる場所は屋外の方がいいかもしれません。

私はこのニオイ好きなんですけどね。