居合刀の分解

居合刀の分解方法です。

私の居合刀は濃州堂さんの中伝、通称「五十嵐刀」です。

今日はこれを分解していきます。

※分解することにより破損する恐れもありますので、自己責任でお願いします。

目釘は破損する可能性が高いので、予備を用意しておいた方がいいです。

竹刀を削ったものでもいいですし、菜箸を削ったものでもいいです。
私は100均で買った菜箸を使っています(笑)

まず目釘を探します。
片方は見えるところにあると思いますが、反対側は柄巻に隠れています。

柄巻に隠れている方から目釘抜きで押し、上からゴムハンマーな等で叩いて出して行きます。

刀を太腿の上などに載せて叩いていきます。
床の上などですると、刀が曲がるかもしれません。

私の目釘抜き「御目釘抜」。

…が、まだ分解したことがない居合刀の目釘はかなりキツく入っているため、目釘抜きが目釘にめり込んでしまうと思います。

諦めて目釘を新しいのに換えるか、割り箸を目釘より少し小さめに加工して上から叩くかして、目釘を取り出します。

私は一度分解したことがあるので、すぐ取れました。

次に刀を鞘から抜き、鍔を刃の方に向かって、ゴムハンマーで少しずつ叩いていきます。

一ヶ所を叩くのでなく、満遍なく均等に、軽く叩いていきます。

ここまで来たら、あとはばらしていくだけ。

刀身、柄、鍔、切羽(2枚)、ハバキ、目釘、鞘。

これが私の刀を構成しているパーツです。

切羽は同じようで、少し大きさが違います。

大きい方が柄側、小さい方がハバキの方です。

組戻す時は分解と逆にやっていけば大丈夫です。

柄が刀身にはまってないときは切羽などがカチャカチャ言いますので、縁金側をゴムハンマー等で叩いてはめ込んでいきます。

最後に目釘を挿すのを忘れないように。

以上です。

お疲れ様でした。

居合刀 改造!

私は居合道をやっており、模擬刀を持っています。

私の居合刀は濃州堂さんの中伝です。

黒が好きなので、鞘も黒、鮫革も黒、柄巻は絹の黒にしました。

オーダーして約1ヶ月半、ヤマト運輸さんで届きました。

納期がわからず、いつ届くのか電話して尋ねたら、発送前に連絡して下さいました。

真剣ではなく模擬刀なので、なるべくお金を掛けずに、目貫や縁金、縁頭などは真鍮。

この真鍮も黒にしたい。

真鍮を黒にするには酸化させたらいい、と言うことで見つけたものがこちら。

ガンなどを売ってあるホビーショップなどにも売ってあります。

これを縁金、縁頭、目貫に塗りました。

コーティングがしてあるようなので、少し擦って綿棒で塗っていきました。

劇薬とのことなので、塗り終わってしばらく経ったら拭き取り、濡らした後固く絞ったティッシュで何度も拭き取りました。

塗り終わったのがこちら。

黒くなりました!

ちなみに鯉口の緩み防止はホームセンターでゴム板を買ってきてカットした自作品です。

買うと微妙な色で結構しますが、自作すると200円くらいでできます。

自作の鯉口弛み防止、名付けて「鯉口様」

 

切羽は銀にしていますが、ハバキは真鍮。

居合刀にそこまでお金かけるのはなぁ~と唯一妥協した部分です。

バラして銀のスプレーをしてみましたが、オモチャみたいになったので塗料を落としてまた組み直しました。

さすがにここを自作で加工するのは危ないので、気が向いたら濃州堂さんに持っていって銀に交換してもらおうと思ってます。