居合刀の分解

居合刀の分解方法です。

私の居合刀は濃州堂さんの中伝、通称「五十嵐刀」です。

今日はこれを分解していきます。

※分解することにより破損する恐れもありますので、自己責任でお願いします。

目釘は破損する可能性が高いので、予備を用意しておいた方がいいです。

竹刀を削ったものでもいいですし、菜箸を削ったものでもいいです。
私は100均で買った菜箸を使っています(笑)

まず目釘を探します。
片方は見えるところにあると思いますが、反対側は柄巻に隠れています。

柄巻に隠れている方から目釘抜きで押し、上からゴムハンマーな等で叩いて出して行きます。

刀を太腿の上などに載せて叩いていきます。
床の上などですると、刀が曲がるかもしれません。

私の目釘抜き「御目釘抜」。

…が、まだ分解したことがない居合刀の目釘はかなりキツく入っているため、目釘抜きが目釘にめり込んでしまうと思います。

諦めて目釘を新しいのに換えるか、割り箸を目釘より少し小さめに加工して上から叩くかして、目釘を取り出します。

私は一度分解したことがあるので、すぐ取れました。

次に刀を鞘から抜き、鍔を刃の方に向かって、ゴムハンマーで少しずつ叩いていきます。

一ヶ所を叩くのでなく、満遍なく均等に、軽く叩いていきます。

ここまで来たら、あとはばらしていくだけ。

刀身、柄、鍔、切羽(2枚)、ハバキ、目釘、鞘。

これが私の刀を構成しているパーツです。

切羽は同じようで、少し大きさが違います。

大きい方が柄側、小さい方がハバキの方です。

組戻す時は分解と逆にやっていけば大丈夫です。

柄が刀身にはまってないときは切羽などがカチャカチャ言いますので、縁金側をゴムハンマー等で叩いてはめ込んでいきます。

最後に目釘を挿すのを忘れないように。

以上です。

お疲れ様でした。

水中ドローン 設定方法 その1

水中ドローンpower rayを買いました。

買ったのは半年程前。

私が買ったときより25000円くらい安くなってる!!

段ボールの中に、小型のスーツケースが入っており、その中に入っていました。

かなり大きいです。

早速充電しました。

ios、Androidどちらでも使えます。

Androidの場合はvision+をインストールします。

インストールしたら新規登録をします。

右上の新規登録ボタンをタップ。

国を選んで、中国大陸以外の人はメルアドを入力し、認証をタップ。

認証コードが送られてくるので入力します。

認証コード送信から登録まで60秒しかないので、認証コードが届く前にパスワードを入力して待機しておくといいです。

 

登録が管理すると、以下の画面が出てきます。

ここまで出てくれば登録に関してはOKです。

次にドローン本体と携帯、タブレットの接続設定をします。

ドローン本体と携帯、タブレットの接続はWi-Fiになります。

デフォルトで、インターネットに接続されていないWi-Fiに繋いだ場合、一定時間経つと切断されることになっているので、その設定を変更しておきます。

私の携帯はXPERIAですが、参考までに変更の仕方を載せておきます。

歯車マークの設定画面から、Wi-Fiを選択、次にWi-Fi設定をタップします。

接続不良のとき無効にする、が有効になっていると思うので、無効にしておきます。

あとはドローンのWi-Fiと接続したら完了なのですが、今水中ドローンは倉庫に仕舞っているためまた後程(笑)

実は1度しか使っていません(笑)

釣りのついでに使ってみようと思いましたが、釣るのに必死でそこら30分も使わず、でした。

そろそろ暖かくなってきたので、水中ドローンのことを思いだし、撮影にでも行こうと思ったので、設定方法をアップしてみました(^^;

レザークラフト 作品

気が向いたらレザークラフトをしています。

今まで作ったものたちの一部を紹介します。

 

カメラケース(作りかけ)

キーホルダー

コインケース

携帯灰皿

財布

何かに行き詰まった時に無心になれるので、忙しい時に限ってやってしまいます。

作り方などはまたゆっくりアップします!

ユーザー車検

前回ユーザー車検をしました。

ネットで申し込んで、陸運局に行きました。

持っていくものは…とりあえず車検証と印鑑とお金があれば大丈夫です。

車の状態はある程度見たつもりでしたが、ウォッシャー液が入ってないことに気付き、とりあえず自販機の水を注入。

ちなみに本当はミネラルウォーターは良くないです(笑)

応急処置と言うことで。

陸運局に行って訪ねると、まず◯番窓口に行って下さい、次にここに行って下さい、と丁寧に教えてくれるので、それに従えば大丈夫です。

窓口で以下のものをもらいます。

継続検査申請書
自動車重量税納付書
自動車検査票
点検整備記録簿

40円くらいだったかな。

これも窓口で教えてもらえますが、自動車重量税や車検費用(私は1800円でした)の収入印紙を購入し、書類に貼付します。

自賠責保険に加入します。

あとは書類に記入をして、受付へ提出。

記入の仕方などわからなければ受付で尋ねれば教えてくれます。

書類の提出が終わったら車に乗ってラインへ!

最初に「初めてです」と言っておく車検場の人が丁寧に教えてくれます。

まず目視検査。

ボンネット開けたり、クラクション鳴らしたり、ウィンカーやライト、ブレーキランプの点灯等々。

フロントガラスに小石が飛んできたりしますが、フロントガラスの運転席側に2ミリ以上の傷があっても車検は通らないそうです。

うちの車は小石が飛んできてフロントガラスが割れ、交換した翌週にまた小石が飛んできました…

幸い助手席側で2ミリ弱でもあったので大丈夫でした。

しかし!

後ろのナンバー灯が1つ切れてますよ~と…

速攻で退場(笑)

車検場から出て一番近い整備工場に駆け込みました。

「ナンバー灯交換したいんですけど、球ありますか?」

「あるけど、自分でできるならやっていいよー」

「じゃあリムーバー貸してください」

「リムーバー??」

私の心の声(えっ…)

「そこにある工具適当に使っていいよ」

リムーバーはなかったのですが、マイナスドライバーがあったので、こじ開けて交換しようとしたら…

ただの接触不良だったようですぐ点灯。

元に戻して工場の人に

「おいくらになりますか?」

「いや、僕は何もしてないからいいよ」

ありがとう(笑)

それからすぐ車検場に戻りました。

先程の続きからやっていきます。

ラインを進んでいくと、サイドスリップの検査。

左右にガタガタ揺らされました。

それからブレーキ、スピードメーター、ヘッドライト検査と続きます。

ブレーキはどんなのだったか忘れました(笑)

スピードメーター検査は40キロを維持するだけで大丈夫でした。

ヘッドライト検査が何度か失敗。

◯とか×とかでるんですが、ずっと×続き。

オイル交換をしてもらう時、ついでに光軸調整をしてもらっていましたが直前ではなかったしダメだったのか…と思いましたが、何度かトライさせてもらい、やっと◯になりました。

それから下廻りの点検。

下に穴の空いた所まで進むと、下に人がいて何やらカンカン叩いています。

問題なくOKが出ました。

最後に排ガス検査。

マフラーに測定器を差し込んで、こちらも問題なく終了。

全検査が終了すると、書類に印鑑を押してもらえますので、それを持って再び窓口へ。

そこで新しい車検証、自賠責保険証、車検有効期間のシール等を貰って終了です。

7年目の車でしたが、オイル交換のついでに光軸調整やタイヤローテーションを無料でやってもらっているので、予備検査なども受けていませんでしたが、無事に通りました。

いつもは10万以上掛かっていた車検が7万弱で済みました!

意外と簡単なので、みなさんも是非やってみて下さい!

面白かったですよ。

居合刀 改造!

私は居合道をやっており、模擬刀を持っています。

私の居合刀は濃州堂さんの中伝です。

黒が好きなので、鞘も黒、鮫革も黒、柄巻は絹の黒にしました。

オーダーして約1ヶ月半、ヤマト運輸さんで届きました。

納期がわからず、いつ届くのか電話して尋ねたら、発送前に連絡して下さいました。

真剣ではなく模擬刀なので、なるべくお金を掛けずに、目貫や縁金、縁頭などは真鍮。

この真鍮も黒にしたい。

真鍮を黒にするには酸化させたらいい、と言うことで見つけたものがこちら。

ガンなどを売ってあるホビーショップなどにも売ってあります。

これを縁金、縁頭、目貫に塗りました。

コーティングがしてあるようなので、少し擦って綿棒で塗っていきました。

劇薬とのことなので、塗り終わってしばらく経ったら拭き取り、濡らした後固く絞ったティッシュで何度も拭き取りました。

塗り終わったのがこちら。

黒くなりました!

ちなみに鯉口の緩み防止はホームセンターでゴム板を買ってきてカットした自作品です。

買うと微妙な色で結構しますが、自作すると200円くらいでできます。

自作の鯉口弛み防止、名付けて「鯉口様」

 

切羽は銀にしていますが、ハバキは真鍮。

居合刀にそこまでお金かけるのはなぁ~と唯一妥協した部分です。

バラして銀のスプレーをしてみましたが、オモチャみたいになったので塗料を落としてまた組み直しました。

さすがにここを自作で加工するのは危ないので、気が向いたら濃州堂さんに持っていって銀に交換してもらおうと思ってます。

竹刀袋

竹刀袋を作ってみました。

用意したものは黒の帆布とナイロン裏地と端革と背負い紐、背負い紐用の金具等々。

仕上がりイメージ。

まず、背負い紐と竹刀袋を留めるための紐を作りました。

下の革の部分は、合革にするか本革にするか悩みましたが、やはり本革が良さそう。

合革はテカリがすごい。

合革はミシンで縫い付けます。

上を縛る紐を縫い付けます。

その後、裏地を付けてミシンで一気に袋縫い。

竹刀を出し入れする場所のみ開けておきます。

竹刀を出し入れする場所から裏返しにして、出し入れ口を折り込んで縫い、後ろに背負い紐を取り付ける金具を革で留め、ワッペンを付けたら完成。

竹刀はここから出し入れします。

こんな風に縫ってます。

竹刀入れでも作ろうかなーとの気持ちで作り始めましたが、よく考えたら竹刀袋は持っているので、途中で木刀入れにしました(笑)

この竹刀袋は今使っている寳船の竹刀袋を参考に作ってみました。

この後同じように子供の竹刀袋も作ってみましたが、かなり好評でした。

エアー 神経締め

船釣りで大物を釣り上げた時に、楽に締める方法はないかと思っていたら、市場ではエアーを使って締めると言うので、色々調べて作ってみました。

必要なものは、エアーガン、ロングノズル、自転車用のボンベ、コンプレッサー用ニップル。

このコンプレッサー用ニップル8V1-G1/4を探すのに苦労しました。

ホームセンターのエア用品にもなく、8V1という事で自転車コーナーも見ましたがサイズが合うのがありませんでした。

トラック用品店(ホーンが8V1バルブを使っていると聞いたことがあったので)も見に行きましたが8V1-G1/8か何かでまた異径ニップルを挟まなければならず…

ここを埋めたいのだ!!

諦めかけていた頃、普通にAmazonで見つけて拍子抜け。

異径ニップルにはシールを巻いて、それぞれ差し込みます。

無事完成しました。

出来たやつは人にあげちゃったので、もう1つ作った自分用のです。

赤いバルブを回すまでは上のボンベはクルクル回っていますが、バルブを回すと固定されます。

あとはトリガーを引くだけ。

一瞬で締めることができますが、血が飛び散るので気をつけて下さい!

バイク ウインカー LED交換

バイクのウインカーをLEDにしました。

球をLEDに換えただけだと勿論ハイフラになります。

これはリレーを交換するだけで大丈夫です。

使ったリレーはこれ。

ちゃんと作動しました。

LEDにすることで視認性も上がったと思います。

電球よりパキパキした灯りで良いです。

iPad mini2 フロントパネル 液晶交換

娘のiPadのフロントパネルが割れました。

フロントパネルを交換したら、うっかり液晶を割ってしまい…

割れてても操作できた方がマシと怒られ…

仕方ないので、液晶を注文して交換。

Amazonで注文したら、中国から国際郵便で送られてきました。

工具もついてきました。

早速修理に取りかかります。

フロントパネルは両面テープで固定してあるので、ドライヤーなどで温めて吸盤を使い本体との間に隙間を作り、そこにピックなどを入れて少しずつ剥がしていきます。

前回フロントパネルを交換して液晶割れに気付き、しっかり固定していなかった為簡単に外れました。

右下(写真では右上)にケーブルがあり、本体と繋がっているので切断しないように注意します。

次に液晶を外します。

ネジが4箇所ありますが、1箇所だけ長さが違うので確認しながら外します。

液晶も両面テープで固定されているのでヘラ等を使って慎重に外していきます。

液晶もケーブルで繋がれているので注意しながら裏返しにします。

次に、この銀色の板を外します。

ネジで固定されているだけです。

バッテリー見参。

写真右上にケーブルが繋がっている場所があるので、その部分のネジを外します。

1箇所長さが違うので注意してください。

上が液晶、下がフロントパネルです。

外して、新しい物と交換します。

後は元通りに組んで完成。

バッチリです!

防具染め直し

子供が借りていた剣道の防具を染め直しました。

染め直しと言うか塗り直しですね。

かなり色褪せてます。

使ったのはこちら。

染丸。

馴染みの武道具屋さんは下の「彩」を使っていると言っていました。

私は染丸の方が濃いので好きです。

彩も使ったことありますが、塗っては乾かし、塗っては乾かし、重ね塗りすればきれいに染まります。

面金の補修にはカシューを使います。

武道具屋さんも補修にはカシューを使ってるそうです。

まず赤から。

十分に乾かして黒を塗ります。

ちゃんとした写真を撮っていなかったのですが、きれいになりました。

カシューは強烈なニオイがするので、塗る場所、乾燥させる場所は屋外の方がいいかもしれません。

私はこのニオイ好きなんですけどね。