マグナ250 エンジンガード

マグナ250のエンジンガードはネットショップやオークションにもありますが、みなさん取り付けに苦労されているようですね。

ステーを使って取り付けた、と言う話も良く聞きます。

私はネットショップで購入したものを取り付けましたが、ステーなどを使わずに取り付けられました。

コツさえわかればうまくいきますよ!

まず、車体フレームのボルトを外し、既存のスペーサーを外し、ちょうど良い長さのスペーサー(何cmか忘れたので今度測っておきます!)を挟み、エンジンガードを挟みます。

外れない程度に軽く手締めしておきます。

反対側も同じように留めます。

次に上部分を合わせます。

ボルトを差し込み、裏側をナットで締めます。

かなり厳しいですが、手締めします。

しっかり締めて良いです。

あとは最初に手締めしたフレーム部分をしっかり締めたら終わりです。

最初から本締めするとズレができるので、順番を間違えずに締めれば大丈夫です!

今がバイクには一番いい季節ですね。

でも私は自宅から2時間も離れた場所(実家)に置いてきた(置いてこさせられた)ので、たまにしか乗れないです。

大型の免許も持っているのに、持ってるのはコレだけ。

あーバイク乗りたい!